奄美大島撮影日記 参乃弐

2007-02-20 (Tue)

今回の探鳥ツアーは日本野鳥の会奥多摩支部主催のもので、参加者は31名に添乗員さんガイドさんを入れて33名の大人数です。
貸し切りバスの運転手さんは、鳥マニアの間では有名なお方です!
前方左右上空を観察しながら運転してます(観察が7.5 運転は2.5ネ(笑))
鳥を見つけると大型バスは急ブレーキ、時にはバック(~_~;)
車の少ない島内だからできる対応ですね(笑)

17日(土) 2日目
金作原(キンサクバル)の原生林
途中でオオトラツグミに遭遇したらしい(残念見られなかった)
シダの大木 ヒガゲヘゴ
P1090828.jpg


采配ディゴ
小雨の中、南の国の香りをプンプンさせてます。
P1090832.jpg
Panasonic DMC-FZ30(マリミックmama撮影)

リュウキュウツバメ
尾が少し短め
IMG_0090.jpg


緋寒桜(ヒカンザクラ)にリュウキュウメジロ
彼岸桜と間違えやすいので寒緋桜とも呼ぶそうです。
メジロも亜種で両脇が白っぽいですね。
IMG_0111.jpg


クロサギ
クロサギの白色型も一緒にいるそうで ???
IMG_0120.jpg
Canon EOS 30D+100-400mm F4.5-5.6L IS USM (手持ち)
この日は終始小雨~強い雨 鳥撮影には厳しすぎ(-_-;)

スポンサーサイト



Entry Status
Monthly : 2007-02
Category : 野鳥
Comment : 2
Trackback : 0
New >>
奄美大島撮影日記 参乃参
<< old
奄美大島撮影日記 参乃壱

Comment

ふん転菓子 : 2007年02月20日(火) 23:31 URL edit
カンヒザクラとヒカンザクラ。
よく間違えますが、両方存在しますよね。
当然名札が無いと解りません。(笑い)
カンヒザクラの花は下を向くのでメジロさんもイナバウアしながら
蜜を吸う。ソメイヨシノじゃ中々見られないシーンですね。
マリミック : 2007年02月20日(火) 23:47 URL edit
コメント有難うございます!
現地では両方使うそうです。
緋寒と寒緋 同じ桜の花だそうですよ。
緋寒桜というお酒(焼酎)の看板がありました。

Post a Comment








Trackback

https://marimic.blog.fc2.com/tb.php/421-a37301bf